こんにちは! 吉野パソコンメンテ エンジニアの吉野です。

8月ももう半ば、そろそろ夏が本気出してきた!って感じの暑さですね。

皆様も、熱中症には気を付け、こまめな水分補給を心がけましょう!

 

さて、今回ご紹介するのはいつもご贔屓にして頂いているお客様が、

Excelの表示が「令和」ではなく「平成」のままで困っている、とのことで。

早急に対応させていただきました。

 

検索すると2パターンの解決方法があり、

1つは Windows Update を最新のものに適用する

2つは Microsoft Office の最新更新プログラムを適用する

と、ありました。

 

まずは状況の確認です。

 

 

日付を入力して頂き、「日付」として認識しているかのチェックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「日付」を入力したセルを右クリックし、「セルの書式設定」を再度確認します。

チェック項目としては「種類」「カレンダーの種類」を変更して確認をします。

しかし、この場合はどうしても「令和」にならず「平成」のままになってしまうとのこと。

 

 

 

 

 

では、お決まりの「Windows Update」を実施して頂きました。

今回は「追加の更新プログラム」もついでに実施して頂きました。

 

 

 

 

一通り、ダウンロードとインストールが終了したので、再起動を促されるので、

「作業中のファイルやフォルダがないかを確認してから」再起動をして頂きました。

(ファイル保存しないと再起動の妨げになるため)

 

 

再起動終了後に同じ用に「日付」を入力して確認していただいた所、

「状況は変わらず、『平成』のまま」とのこと。。。。

 

では、次のパターン。

2つは Microsoft Office の最新更新プログラムを適用する

「Excel」を起動後、「ファイル」「アカウント」「Office更新プログラム」「更新オプション」で更新をします。

 

 

 

画像の様に「いくつかのプログラムを閉じる必要があります」と出ます。

ここはファイルの保存を行った後に、「プログラムを閉じる」をクリックして下さい。

 

一旦、Excelが再起動しますが (PCではなく) 問題ありません。

また同じく再度Excelを起動させて、日付の入力をして「令和」にちゃんと適用されたか確認してみて下さい。

 

 

お客様はこれで無事に解決できたようで、良かったです。

吉野パソコンメンテでは 「吉野が手が空いているときであればお電話なり、メッセージなりで対応します」

建前としては、「お客様がわからない事を知れる為に対応します」ですが、

本音は「こうしてBlogの記事のネタに出来る…!」というアクドイ事も考えてます(笑)

 

ということなので、PC関係でのご相談など、ありましたら気軽に吉野までお電話下さい。

電話対応料は無料ですが、別件で動いている時は出れない場合もございます。

その時は折返しお電話をさせていただきます。

 

また、お時間が掛かってもよろしいのであれば、弊社ホームページのメールフォームより、

気軽にご相談頂ければと思います。できれば即日対応、2営業日以内には返そうと考えております。

 

気軽にご相談下さい。

吉野パソコンメンテ 吉野