こんにちは!エンジニアの吉野です!

先日、パソコンの新規導入していただいた企業さんのHDD(ハードディスクドライブ)の保持期限が終了したために破棄することに。

今年の頭に新しいパソコンを導入し、データの吸い上げを行い、移行をしたHDDなんですが、

移行後、問題が発生していないということでデータの破棄をすることに。

 

とあるフリーソフトを使って、ハードディスク・ドライブに対してとある数値、(コンピュータなので0と1の羅列)をランダムに書込み、

元々あったデータを更に上書きすることで、データの復元や再生を行えないようにしちゃいます。

 

その後、物理的にハンマーでぶっ壊します。個人情報流出を避けるためです。

1TB (テラバイト)の HDDを粉砕するって、高校生時代の吉野にとってみればとんでもない話で。

 

今からざっくり20年前になりますが、 20GBのHDDが2万5千円でした。 (しかもSATAではなくIDE)

それでもHDDが大きくなった、と騒いだものです。

 

時代は流れ、今は1TB (1000GB) のHDDは6,000円位で買えるますね…。

 

もう4TBも1万くらいで買える時代です。

8TBは4万~5万くらいで買えたハズです。

 

 

時の流れとは怖いものですね。

そんなノシタルジーを感じる今日此の頃です。

 

 

ご参考までに!!