こんにちは! 吉野パソコンメンテ エンジニアの吉野です。

台風、なんとか地元、八王子市を 通過 したとのことでホッと胸をなでおろしております。

また、台風の被害に遭われた方、また、被害をまだ被っている方には一刻も早い復帰を願っております。

願うことしかできない自分がとても悔しい・・・・・

できる事といったらちょっとした募金しかできない自分が情けない。切に。

 

 

 

…さて。

退院してます!吉野です!脚のむくみがヒドくて歩くのがしんどい!

脚の位置を高くしたり、軽運動をしたりと、対策はしてますがむくむものはむくむのでツラいです。

風呂場で「これでもかっ」ってくらいゆっくりじっくりマサージしてます。

まぁ、血行が良くなり過ぎて脚の皮がズル剥けたんだが。

 

とにかくまだ車の運転では許可されていないし、松葉杖が無いとまともにあるけないし、

ズッコけてすごい屈辱を味わったり、患部を冷やして無いと熱持って自分もヒート寸前になるし。

でもまぁ、下手すりゃ命に関わる事故だったんだな、って改めて思うと怖かったり。

行きてて何よりだなぁ、と思ったり。

徐々にできる事を増やして回復に向けて頑張りたいと思ってます。何卒ご贔屓に宜しくおねがいします。

 

 

 

 

 

さて、今回のBlogの内容ですが、「吉野式 写真画像保存術」ということで。(バックアップノススメ)

大前提として(?) 写真を良く撮ったり、保存したりする人が対象なんですけどね。

吉野はこうやって撮影した写真のバックアップしてますよって一例を。

まぁ、バックアップの方法って人それぞれたくさんあると思うんですよ。

一概に正解ってのは多分無いと思うので「吉野はこうしてバックアップしてますよ」って事で、参考になれば幸いです。

 

 

吉野の写真のバックアップってハタから見ると結構、多重 だと思うんですよね。

実は結構多くて、3種類のバックアップを取ってます。

 

1.稼働してるPCに保存する

 

2.HDD(その1)に保存する

 

3.HDD(その2)に保存する

 

 

 

まず第一に通常使っているパソコンにデータを保存します。

これは 携帯電話 → パソコン に 単純にデータ取り込みで保存してます。

特に多重バックアップを取得するのではなく、ほぼ生データがおいてあります。

 

 

大体の基準は、 YYYY-MM-DD (Y…、年・M…月・D…日) みたいな形式 がデフォルトになっており、

その写真が何のデータを保存しているか、大まかに つけます。

よくあるパターンが 「2019-07-07_猫 (虎太郎)」 みたいなパターンが多いです。

これは 年月日 + カテゴリー + (補足事項) 的な感じですね。 この場合は猫の名前ですけど。

本来ならば、正規表現 という正しい規則に則ったデータの付け方があるのですが。

表現が複雑?というか、正直面倒臭いところもあって、自分が一番わかり易いのが一番かなーとは思うので。

 

 

 

 

 

 

 

保存ですが、名前を変えたデータをHDD (その1) にデータをコピーします。

基本的に「これは一番始めに保存するディスク」と決めて保存した方が良いです。

どれが一番新しいかワケがわからなくなります。

まぁ、保存時間や更新時間を見れば分かりやすいんですが。

 

 

 

 

 

 

次にめったに起動しないディスクをデータをHDD (その2) にデータをコピーします。

個人的には付箋とかで最終バックアップを取った年月日+日時を書き込んで貼るのがベスト。

 

 

吉野はこのやり方で2003年迄のデータを保存してあります。

初期の頃に買ったデジタルカメラ (当時は「フラッシュディスク (16MB)」というメディア。

USBフラッシュメモリとかそれとはまた違うメディアで保存したデータを撮ってあります。

 

当時飼って居た 犬や、猫などの写真を明確に保存してあります。

本来、メディアは紫外線劣化等に弱いはずなんですけどね、飼っていた犬、猫の写真が残っていた時は、

本当に真面目に男泣きしたものです。(思い出でで。)

 

写真という紙媒体のデータとは違い、デジタルデータというものは複数バックアップを取らないと、

本当に、あっという間に消えてしまうものです。

記憶にすら残らず消えてしまうデータを作らぬよう、吉野パソコンメンテでは、多重バックアップを推奨しております。

クラウドで保存、ってパターンももちろん良いかもしれませんが、

「サービスには終わりがくる」という観点から自分で保存して、残す、という意識が大事なのではないでしょうか?

 

 

吉野でした。